神功皇后Project

■ エピローグ

 西暦2000年4月27日は、囃子連始まって以来の一大企画である「神功皇后プロジェクト」が、一つの実を実らせた日です。囃子連の熱意から生まれたこのプロジェクトは、町内の方々のご助力をはじめ、飛び込みでいったにもかかわらず、予算以上のプロの仕事を披露してくださった職人さんたち、年間を通して取材を行ってくださった多摩ケーブルネットワーク様、さらには、奉納囃子を見に足を運んでくださった方々など、多くの諸兄のご協力によって実現したものです。まことにありがとうございます。

 しかし、この日の奉納囃子での「神功皇后の舞」の披露は、大きな区切りではありますが、終わりではありません。囃子連としては、この日はまだスタート地点、第一歩に過ぎないものと考えております。これから5年、10年とかけて、さらにこのプロジェクトを継続し、楽曲と舞の型も年々増やし、よりハイレベルなものへと育てていくつもりです。

 どうか、今後とも、墨江町囃子連をお引き立てくださいますようお願い申しあげます。

前のページへ タイトルへ

戻る ホーム

Copyright(c) 1998-2006 Sumie-cho Hayashiren. All rights reserved.